自宅スタジオのスピーカー

説明しやすくするためのイラストの部屋は6畳で、上から見て横2メートル、縦3メートルということにしてください。使用してるスピーカーは1本10万以上のミドルクラスです。

部屋が狭いために下のイラストみたいにスピーカーから1メートルも離れてない人がほとんどだと思います。一応、スピーカーの置き方は教科書通りの「正三角形」なのでモニタリングしやすいかもしれません。

ダンスミュージックではない人やエンジニア的なことは他の人に任せる方はあんまり関係ないのですが、低音がキモのダンスミュージックの人はこれだと重大な問題があります。

この距離だと低音が見えません。


スピーカーには「バスレフ」という穴があります。そのバスレフが前にある物、後ろにある物関係なく、スピーカーから近い距離であればあるほど低音が見えません。

リファレンスCDを流しながらスピーカーと距離を取ってみてください。スピーカーの大きさや価格、壁からの距離との関係等もあるんですが、2メートルくらい離れると低音が見えてきませんか? 離れすぎて後ろの壁にくっつくと壁に反射された低音が加味されてしまうのでそれはそれで問題が出てくるかと思いますのでイラストみたいに後ろの壁に遮音ボードなどを設置しましょう。

ということで、スピーカーのセッティングをセオリー通り正三角形にして、1辺を2メートルくらいにするのがベストなんでしょうけどイラストのような6畳の場合、スピーカーを壁から離すなどを考慮して置いたとなるとスピーカーとスピーカーの間は160センチにもならないと思います。1辺が160センチだとまだちょっと低音が見えづらいです...。

それならばと、正三角形を無視してとりあえずスピーカーとスピーカーの間を目一杯取って、机を後ろに引いて座る位置が2メートルくらいのところに持っていくのも手なのですが、液晶ディスプレイが音を遮ってしまいます。液晶ディスプレイが2台だともう無理です。何より、スピーカーと机の間のスペースが何か勿体無い気がします。


で、1番手っ取り早い対処法は、制作時はスピーカーも机も動かさずいつも通りで、ミックスダウンやマスタリングの時だけ椅子を引くなり本人が立つなりしてスピーカーから2メートルほど下がることです。低音は近場では見えにくくいるんだかいないんだかわからないし、この際スピーカーの角度は考えなくてもいいと思います。以前、住んでたところはこのイラストのような部屋だったので、ミックスダウンやマスタリングの時は後ろに下がって立って踊ってました。作ってるのはダンスミュージックなので踊るのはいろんな意味でかなり有効な手ではないでしょうか。


2メートルと何回も書いてますが、うちにあったスピーカーの数種類がその距離くらいがベストだっただけで、他のスピーカーだと異なると思います。


ダンスミュージックを作ってて、ミックスダウンやマスタリングまで自分でやらなければならない人は1本10万くらいは金出さないと辛いと思います。安物のスピーカーは65Hz~とかで低音が出てなので役不足です。かといって1本30万以上とかはオーバースペックかと思います。自宅スタジオとなる部屋は元々防音もされてなく左右対象ではなかったりして悪条件ばかりですので、高価なスピーカーを置いてもグッドコンディションで鳴らせません。

電源ケーブルについてですが、あくまでも自宅です。元の電気がクリアではないと諦めてその金額分をスピーカー代に当ててワンランク上にしたり、プラグインや機材に投資したほうがいいと思います。音が良くなっても曲が良くなるわけではありませんし。

ケーブルもさほど高くなくても良いと思います。「モニタースピーカー ケーブル」でググるとヒットすると思いますのでそれをご参考になさってください。

蛍光灯を点けたり消したりするとノイズが出ますので、すべての部屋の電球をLEDにすることをお勧めします。

スピーカーと後ろの壁との距離などのセッティング方法や、インシュレーター等は他のサイトを参考にしてください。



追記 2017.2.27

所有してたスピーカー2種を売り払い頭金を作り、Neumann KH310を購入しました。

購入するつもりはそんなになかったんですけどせっかく試聴するならと楽器屋さんに自作のCDを作って持って行きました。私の場合、キックが綺麗に見えるか見えないかが大きなポイントなので内容は、

808と909のキック(フラット)のループ

808と909のキック(40Hzを膨らませた)のループ

それらにスネアやハットを含ませたループなどキック中心です。

あと、24K Magicも持って行きました。ジャンルに興味がなくても、流行ってて金のかかってるプロジェクトのものはなるべく買うようにしてて、その中の1枚から選びました。キックが綺麗に鳴ったとしても他の音がきちんと鳴らなかったら元も子もないのでそのためです。


キック1発でしびれました。もうメロメロでした。買う気持ちが30%くらいしかなかったんですが、キック1発聞いただけで買う気1200%になってしまいました。重心が全然ブレないんです。808を大きめの音量で鳴らすと展示物が擦れる音が聞こえてきました。お〜、これこれ〜つって。ちょっとブーミーかなとも思ったんですけど、後ろのアコースティックコントロールでカットすればいいかなと。

音を小さくしたり、大きめにしたり、普段聞いてるくらいの音量にしたり。他のスピーカーと聴き比べたり。

24K Magicがあんまり面白くない感じで鳴るんです。かえってそこがいいなと思いました。ADAM Aシリーズみたいに変に高域をデフォルメしてなくて素直に聞かせる感じが良いなと。


セッティングを試行錯誤しまくってます。スピーカーから2メートル以上離れてみたりいろいろと。

ACR2は去年購入したものの使ってなかったので使ってみました。下のスクショはスピーカーから2.4メートル離れてるものです。オレンジが補正前、白線が補整後です。

Lスピーカーが部屋の角ということもありかなり低音がこもってました。KH310のマニュアルによると「後ろの壁から80cm〜2mはやめてくれ」とのこと。守ってたのですがこの有様。Lスピーカーの後ろに立ってみてわかりました。部屋自体が鳴ってしまってたんです。出た音が前から後ろに反射してLスピーカーの後ろの角に低音が溜まってしまったというのが原因でした。ARC2で補正できるのですが、さすがにこのブーミーさは我慢できねーな、せっかく低音が綺麗に見えるやつ買ったのに...。

収音材は壁に貼ってあるのですが、低音の収音はカバー出来ません。賃貸ですので防音は無理。なので、西側に置いてたスピーカーや机の位置を南側に変えてみました。そうするとどうでしょう、かなり変化しました(下のスクショ)。スピーカーと机の配置は1番上のイラストみたいな感じにしました。

低音が落ち着きました。

補整なしで補整後の白線みたいにするのであれば、普通のレコーディングスタジオのクオリティにしなければ無理だと思いますし、何よりも金がかかるので外部のスタジオ借りた方が手っ取り早いでしょうね...。


インシュレーターはこれ買いました。iSOPLANE

よく見かけるこれの板付いちゃった版です。かなり効果ありました。

インシュレーターといえば、ケーブルインシュレーターなるものがあるんですけど、見かけるたびに笑ってしまいます。



ARC2について

自宅スタジオに収音材を貼っても限界があります。部屋中全部貼ってしまいたいとも思いましたが、部屋の形が左右対称ではないし賃貸だし遮音も防音もやらないとスピーカーの本来のスペックを引き出せないと思いあきらめました。いずれにしろ予算オーバーです。

今回初めて使ってわかったのは、「早いうちにこれ使うべきだった!」ということです。とはいえ、ARC2は補正をしてくれますが部屋鳴りを抑えてくれるわけではないので、あらかじめ収音なり遮音なりある程度行ってからARC2のお世話になる方が良いかと思います。ARC2は、ファンタム電源(48V)が必要です。オーディオインターフェイスについてない場合は48Vのこういうのを別途購入する必要があります。

補正前と補正後はかなり変わります。ARC2が正解とは思いませんが、自分の力だけで四苦八苦するよりは効率が良いし正確だと思います。ヘッドホンで作業して、スピーカーに移ったらかなり差があって困ってる人には特にオススメです。



収音材について

以前住んでいたところは壁1面レコードがだったりしたので、それが収音材の代わりになって反響してませんでした。今のところに引っ越してきてからも本があったり物が転がったりで反響音がさほどありませんでしたし、ほぼヘッドホンでやり過ごしてたのであまり気にしてませんでした。ところが、断捨離的なことやって物を減らしまくったら気になるほど反響しまくってしまいました。

せっかく良いスピーカーを導入したので、環境を整えようと収音材も導入することにしました。収音材はただのスポンジだったり、ただの綿の塊なんだろうなと思いホワイトキューオンという安価な収音材を購入してみました。届いたはいいものの半分が不良品でした。効果は無いよりはマシかな程度でした。安物買いの銭失いとはこのことです。

気を取り直してSONEX VLW53を購入しました。サウンドハウスくらいしか収音材を扱ってるところがない。サウンドハウスで選ぶしかなく、部屋の壁が白いので白以外の色だと部屋が狭く見えるのでこれにしました。

届いて直ぐ適当に壁に立てかけ手を叩いたり口笛を吹いてみたら思ってた以上に効果がありました。思わず壁の全部、天井もに全部貼りたくなってしまいました。

床が珍しい松なのでこの上にカーペットはどうしても置きたくなかったんですが、置かなくても済むくらい壁の収音材が音を吸い取ってくれます。


インシュレーターの効果を1とするならば、ARC2は5、収音材は3といったところでしょうか。

インシュレーター、ARC2、収音材を揃えるだけでスタートラインが他人より数歩先になると思います。