セルフミックスダウン

今回はヴォーカルハウスを例にして書きます。他のジャンルでも有効だと思います。

まず、曲を作る前にDAWのマスター以外のフェーダーをマイナス5にします。慣れてきたらマイナスの値を少なくしてってもいいと思います。

なぜ下げるかというと、フェーダーを下げずにキックと同時にベースを鳴らしただけでマスターが直ぐ赤になるからです。飽和状態になったものを整えるのは無理があるので音量レベルに余裕を持たせます。

マスターには何も挿しません。マスターにリミッターをかける人が結構いるんですがおすすめしません。なぜなら、そこで潰すとマスタリングにかなり影響があるからです。潰されたものを渡されてどうしろと?とマスタリングエンジニアは思うはずです。潰れてないものを潰すのは簡単ですが、潰れたものは元に戻りません。潰れたみかんが元に戻らないのと同じように音も戻りません。 

次に全チャンネルにEQを挿します。DAW付属のEQは役不足なところがあるので、Pro-Q2を使っていきます。軽いので全チャンネル挿しても大丈夫かと思います。扱いやすいのでお勧めです。で、次に全チャンネルコンプ挿します。この状態をテンプレート化しちゃいましょう。テンプレ作っておくと新しく曲を作る時に最初からこの状態なので何かと楽です。

一番音量があるキックを先ず鳴らします。その時、マスターがマイナス5かそれ以下になるように調整します。あとは好きに曲を作っていきます。慣れていくと曲を作りながらミックスダウンをしながらマスタリングも出来るようになります。

曲が出来ました。それではミックスダウンです。まず、耳抜きをします。これをやるのとやらないとでは高域が3dbくらい差が出ます。で、エアコンや扇風機を消します。これも重要です。エアコンのブーンという音は低音のチェックの時にかなり邪魔です。消すことによって低音が見えやすくなります。


ヴォーカルの処理

歌謡曲のヴォーカル部分だけよく聞くとわかると思うんですが低音がありません。まったくないっていうくらいありません。これはヴォーカルハウスでも有効で低音を切ります。切る理由は簡単で低音が邪魔だからです。聞こえない低音は音量を食うだけなのでバッサリ切っちゃいます。で、コンプなんかで処理するんですけど、ヴォーカル用のコンプを使ってった方が何かと楽かなと。Renaissance Voxとか。

Wavesのこれ使うと楽なんじゃないでしょうか「Butch Vig Vocals」 低音切れるし、コンプレッサーとディエッサーも付いてるしサチュレーターで歪ませて(つってもそんなに歪みません)ボーカルを立たせることが出来ますし、良いことづくめのプラグインだと思います。

ヴォーカルをコンプでコテコテにしたくねーよーっていう人は「Vocal Rider」で。手コンプをオートメーション化したようなプラグインです。昔の歌手は今と違ってきちんと生で歌ってました。その時にサビなんかで声を張り上げる時にマイクを口元から遠ざけて手動で音量差を均一化させるアレです。アレが手コンプです。

ヴォーカルに限らず、目立たせたい音にサチュレーターを挿すのは非常に有効です。SPL TwinTubeとか便利です。埋もれてた音が瞬時に前に出ます。これかけちゃうと音がはっきりしてくるので全チャンネルかけたくなると思いますが、そうしちゃうと全部きらびやかなになってしまって目立たせようとしてた音がまた目立たなくなっちゃうんで  続く~









音量バランスやパンの調整をします。この時に、要らない音を探します。作ってる時は常に音を足しがちで減らすという事に目を向けていないと思いますのでここで見直しましょう。

要らない音なんかないよと思いがちですが結構あります。同じタイミングで同じような音色のパーカス同士が鳴ってた場合、音量を食うだけですのでどちらかを削ったりしていきましょう。パーカスに限らずシンセも見直していきましょう。これ鳴ったからこっち引っ込めてもさしつかえないよなあと瞬時にアレンジを変えれるのもDAWの醍醐味なので変えちゃいましょう。とはいえ初期衝動も大切なのでそこは適度に。

バンドだと、ヴォーカル、ギター、ベース、ドラム、キーボードで成り立ってるじゃないですか。4つ打ちもそれに習って音を少なくしていきます。音を少なくしていくだけでミックスダウンもマスタリングもかなり楽になりますし良い音になります。


ある程度形になったらステムミックスなるものにしていきます。ステムミックスとは簡単に言うと同系列をバスまとめることです。バスはCubaseでいうところのグループチャンネルです。


ヴォーカルハウスを例にした場合、

①ヴォーカルグループ(メイン、バック含む)

②シンセグループ(リードシンセ、パッドなど)

③ベースグループ(メイン、サブベース)

④ドラムグループ(スネア、クラップ、その他サンプリングしたドラムループやパーカス)

⑤キックグループ(メイン、サブキック)

⑥ドラムグループとキックグループを足したグループ


こんな感じでまとめていきます。

①~⑤のグループにもEQとコンプを挿します。ステムでコンプをまたかけるので各チャンネルではほどほどぐらいがいいかもしれません。ステムできゅっとやっちゃった方が良い結果が出ると思います。特にドラム。

④で全体的にコンプで持ち上げてあげて⑥でまとめると「おー、これかー」ってなります。コンプじゃなくてマキシマイザーで持ち上げるのもアリだと思います。。「おー、これかー」を知りたい方は是非試してみてください。④で低音を削ると全体的にまとまりやすくなりますが、あまり切っちゃうと存在感が無くなるのでほどほどに。。。ヒップホップだと音数が少ないのでこの辺はたっぷり残したままの方が雰囲気が出ると思いますが、ハウスだとMS処理でMは30Hz以下、Sは50以下をカットしてます。ただ、ブレイクのキックが無いパートの時はカットしない方がグッとくるのでその時だけカット処理しないようにオートメーションを書きます。

⑥にはリミッターを挿してキックを落ち着かせます。別に⑤にリミッターでもいいんですけど⑥の方がベターだと思います。ドラムの音はどれもパワーがあるので⑥で閉じ込めた方がセルフマスタリングする時に楽になるんじゃないかなと思います。



ステムでEQやコンプをかけたのでバランスが若干変わりますので調整し直します。



ステムのメリット

ボリュームのオートメーションを書いた後に全体的に上げたいな、下げたいなと思った時に一括で処理できる。

マスターでリミッター処理するより、各ステムでリミッター処理した方が音が壊れにくい。

特に④~⑥は効果的で、   続く~