808キック2020の販売

3年ほど前に808や909のキックを販売し、ビギナーからプロの方々まで購入していただき口コミのおかげでかなり売れました。それの改訂版で100倍以上パワーアップさせました。

キックを作る時にサブを重ねて補強したりEQなどを使って低域を持ち上げてるかと思います。それが適切なのかそうではないのかわからないままやってる人がほとんどなのではないでしょうか。雑誌等で書いてあるのを鵜呑みにしてEQで40Hz付近を持ち上げたとしても元から40Hz付近が無ければ持ち上がりません。

誰にでも扱いやすくわかりやすい方法はないかなと考えました。あ、音階周波数でイケるじゃんと気づきました。音階周波数を用いてドレミファ~と音階をつけてるので曲のキーに合わせて適切にサブを置けます。


加工は「単品でも存在感があり使えるけど重ねても邪魔しない」を意識しました。主張してるようで主張してない、主張してなさそうで主張してるというか、いぶし銀を意識して処理しました。ほとんどが埋もれにくいように加工してます。


クラブミュージック向けに作りましたが、もちろん他のジャンルにも使えますし是非使っていただきたいです。


周波数特性が35Hz – 40kHzのスピーカーFocal Trio6 Beと、周波数特性5Hz - 28kHzのヘッドホンFocal Clear Professionalを使用し低域を取りこぼすこと無く加工しました。



音階周波数を用いC1~B1(ド・ド#・レ・レ#・ミ・ファ・ファ#・ソ・ソ#・ラ・ラ#・シ)の12段、キックの長さを13段階にしました。1種類の加工に付き12×13=156個のバリエーションがあり、加工は全部で40種類で、EQで無理に盛らずに素材を大切にしました。また、即戦力になるような加工をほどこしました。


ラウドネスで合わせず音量-0.5dbで全てを揃えました。


24ビット 2.5ギガ

156×40=6240個用意しました。



キックの重ね方




サンプルはサウンドクラウドなので音が悪いですが実物はガッツリ低域鳴ってます。

今回販売するキックは

・C1 ド 33Hz

・C#1 ド# 35Hz

・D1 レ 37Hz

・D#1 レ# 39Hz

・E1 ミ 41Hz

・F1 ファ 44Hz

・F#1 ファ# 46Hz

・G1 ソ 49Hz

・G#1 ソ# 52Hz

・A1 ラ 55Hz

・A#1 ラ# 58Hz

・B1 シ 62Hz

を用意しました。


近年のクラブミュージックだとD1~F1がキテると思います。

クラブミュージックに限らず使ってみてください。キます。


C1~A1はペアで15万以下のスピーカーのほとんどは周波数特性が60Hz~なので適切に聞こえない、体感出来ないかもしれません。また、聞こえないので音量を上げてしまいがちですがスピーカーはかなり振動しており上げ過ぎは破損の原因になりますのでご注意ください。

低域はヘッドホンで確認した方が良いかも知れません(900STは低音が見えにくいのでこれはこれでご注意を)。

音階になってるので曲のキーに合わせられます。曲のキーに合わせられるので全体的に統一感が出て同じ帯域のベースと喧嘩しにくくなります。




キックは3種類。

①通常のキック(フォルダ名 1~30)

②通常のキックのアタックとタイムラグをまるまる削って本来アタック部分の位置からいきなり低音が鳴るのでスピード感があるキック(フォルダ名 101~105)

③通常のキックのアタックだけを抑え、低域はキープしたキック(フォルダ名 201~205)



通常、キックは

「チッ!とアタックが鳴って」下図の(赤枠)

「一瞬タイムラグみたいなのがあって(低域がフェードインで持ち上がって)」(赤と黄枠の間)

「ドゥーーーン」(黄枠)です。この「ドゥーーーン」は聴くというよりは体感するというか。





②通常のキックのアタックとタイムラグをまるまる削って本来アタック部分の位置からいきなり低音が鳴るのでスピード感があるキック

キックは低域を司るものというか、キックは音の最初から低音が鳴ってるイメージですが、実際はアタック(808とかは120Hz辺り)が鳴ってから、一瞬だけれどもタイムラグみたいなものがあり、そのタイムラグで低域がフェードインしてから低域がしっかり鳴ってる感じです。最初から低域は鳴ってるとは思うのですがとにかく音量としては1回落ちるもしくは一瞬だけれどもフェードインしてるのでいきなりマックスで「ドゥーーーン」と鳴りません。

低域がマックスで鳴るまではほんの数ミリ秒の出来事ですが、削ってみたところスピード感が全然違います。BPMが速い曲やタイトな曲にはぴったりだと思います。



③通常のキックのアタックとタイムラグだけを抑え、低域はキープしたキック

誰でも簡単にキックを重ねられたらいいのになという想いからこれを作りました。

キックを重ねる時、キャラクターとなるキックとサブに回すキックとか役割があると思うんです。で、キャラになる方をローカットしたりして工夫すると思うんですが、キャラともう片方のキックのアタックが同時に鳴って音量が跳ね上がってしまう欠点を今回加工したキックで解消出来ます。(このキックもキャラとなるキックの方も低域をカットした方がしっくりきます)

1~4小節 アタックを抑えたキック無し

5小節目~ アタックを抑えたキックあり


↓ Mロクさんが作ってくださったサンプル。これくらい控えめに添えたほうが適切かと思います。




個々のデータ名は、◯◯ ◇◇ - △1と表記してます。

◯◯は加工番号

◇◇はディケイ(長さ)

△1は音階です





税込み5000円です。


お支払いは、ゆうちょ銀行とクレジットカード決済(VISA、Mastercard、American Express)のみです

クレジットカード決済はSquareを介してのお取引なので、当方が個人情報を知ることはありません。

振込手数料はご負担ください。


ゆうちょ銀行

店名0九八(ゼロキュウハチ)

店番098

普 1158188

アソビハウス


連絡先 asobihouse.studio@gmail.com もしくはツイッターのDM

件名 キック購入  でお願い致します。


ゆうちょ銀行の場合は、先にお振込みいただきお振込頂いたときの名義をお知らせください。お振込みの名義は偽名でも構いません。その場合は偽名をお知らせください。

クレジットカード決済ご希望の方はメアドをお知らせください。Squareを介して決済のメールが届きますのでご対応宜しくお願いいたします。