onibabako

記事一覧(76)

イシズカケイ「ホームレコーディング」

イシズカケイさんの2年ぶりのセカンドアルバム「ホームレコーディング」全曲マスタリングさせていただきました。M3でCD販売11/14 WINDOでCD発売(予約開始されました)DJミックス『さまーそるときっく』シリーズを〈内PEEE〉でリリースしたり、インターネットレーベル〈on sunday recordings〉を運営したり、インターネット上で活動しているトラックメーカー、イシズカケイのセカンドアルバムであり初全国リリース作品!youheyhey、QN、VOLOJZA、KAICHOO等がゲスト参加!ファーストアルバムでは、サンプリングソースは和物縛りのコンセプチュアリな作品になりましたが、今作はのびのびと作りたかったのでそういう制約はなくして、ビート構造においてトラップなどのトレンドをキャッチアップをしつつ、質感はオーセンティックな2000年代前半のアンダーグラウンドヒップホップを意識して作りました。アルバムのテーマは、仕事と家庭生活の合間、夜な夜な一人でDAWやマイクに向かう孤独感や無力感によくわからないポジティブさ、現実逃避の楽しい妄想です。参加アーティストは、youheyhey、QN、VOLOJZA、KAICHOO、Itaq、NASSO、KBM、KOITAMA、きだはしや、Taku-t、Eskimo、猫まみれ太郎、molphobiaと個性的なメンツになったかと思います。是非聴いてください。TRACK LIST :01. 制作開始02. Music Energy!!! (feat. youheyhey)03. Oh Yeah (feat. QN)04. kenkomania (feat. VOLOJZA)05. Moon Child (feat. KAICHOO)06. Rap Spirits (feat. NASSO)07. Neither (feat. Itaq)08. Lost Forest (feat. KBM)09. Melancholia10. Dystopia (feat. KOITAMA & きだはしや)11. Creative No pain, no gain (feat.T aku-t)12. 雪の日 (feat. Eskimo & 猫まみれ太郎)13. S市 (feat. molphobia)14. Make Music (feat. KOIT AMA)PROFILE :トラックメイカー/DJ。2004年から楽曲制作を開始。2011年にon sunday recordingsを設立し、2016年に1st Album「YELLOW SOURCE」をリリース。また、内PEEEにてDJ MIXシリーズ「さまーそるときっく」を毎年リリースをしている。郊外で暮らしながらひっそりと音楽活動中。

DJ NAOTO

DJ NAOTO さんの新曲をマスタリングさせていただきました。詳細が決まり次第こちらにアップします。愛知県名古屋市出身 DJ NAOTOBASS MUSICを中心に最先端のクラブミュージックを独自のミックステクニックで自在に操り、毎度魅せるダイナミックなプレイスタイルはまさに圧巻。そんな彼のDJプレイは、独特なミキシングと類い稀なるミックスセンスとジャンルにとらわれない幅広い選曲で、瞬く間にフロアを踊らせ、オーディエンスに絶大な支持を受け人気を集めている。STEVE AOKI,LIL JON,CHUCKIE,INFECTED MUSHROOM,LUCKY DATEが出演した超大型フェス『WIRED MUSIC FESTIVAL’15』では、WELCOME STAGE出演。活動の場を東海地方から全国各地に広げ、初のオリジナル楽曲『BASS VADER』をリリース。Knife Partyからも高く評価される事となった。WIRED MUSIC FESTIVAL’16 OFFCIAL PROMOTION PARTYではHardwellが最も期待する若手RIVEROのフロントアクトとして出演。15,000人が熱狂した『WIRED MUSIC FESTIVAL’16』ではメインステージに出演。DJ MAG TOP100DJs 世界No.1の王座に輝くDIMITRI VEGAS & LIKE MIKE,DVBBS,DANNIC,MATTN,PKCZ®と共演を果たし見事なパフォーマンスを披露し最高の舞台を演出した。2017年9月に開催された自身初のPARTY『ACTION』を始動。第一弾ヘッドライナーには今世界で話題沸騰中の"KAYZO"を招聘。超満員の動員数を記録し大成功に納めた。世界最大級のダンスミュージック専門メディア日本版「DJ MAG JAPAN」において日本のホープと特集されるなど更なる活躍が期待されている。

DJ Miku「Air / DJ Miku Remix」

DJ Mikuさんのリミックスのマスタリングを担当させていただきました。Beatportで5/7からの発売のようです。■DJ MIKU
(DJ/プロデューサー)
80代よりNew Wave、Electro、Techno、HipHop、DiscoSoundをベースに東京の6つのクラブ、ディスコのレジデンツとして活動。90年代以降はエレクトロニックダンスサウンド(テクノ / ハウス)を極めるべく特化したDJスタイルにシフト。
日本初のアフターアワーズ・テクノクラブ「クラブラゼル」にて「アウンダーグラウンド・テクノ」を東京から広めていく。

そして1992年-1996年に開催されていた、ウエアハウスパーティー「Key-energy」のレジデンツDJとしてGOLD、Janggle Bass、Beam Holl、Ball Room、原宿歩行者天国など次々とサウンドシステムと共に場所を移動しプレイを慣行。
「Key-energy」は一躍日本のビックパーティーとして世界に認知された。

その後も「RAINBOW2000」「Ninja Tune Night」「春風」ロンドン郊外で行われた「BIG CHILL Enchanted Garden」
フランスで行われた野外イベントなど国内外の数々のフェスティバルに出演。

1996年にはレーベル「NewStage Records」を設立。Hideo Kobayashi、DJ Natsuとの3人組みユニット、LOTUSで゛Kasumi exprience"をリリース。同年レーベル名を「NS-COM」に代え、東京、ロンドンを拠点にアーチスト作品を次々リリース。

90年代後期はエレクトロニカ、アブストラクトに傾倒。それらのアーチスト作品のプロデュース、リリースに没頭し、しばらくの間ダンスフロアのDJブースに立つことはなくなった。

その後、2000年を境にエレクトロニカの4つ打ちという解釈で集めたトラックをプレイするようになる。(世の中ではそれをクリックハウスと呼んでいたことも後から知る)

2001年にはそのクリックハウス・テクノの音源をコンパイルした、DJ MIKU初のMIX CD゛Sequence-phenomenon"をMusic Mineよりリリース。

その世界観をひっさげ渋谷WOMBで開催スタートしたCYCLONEのレジデンツDJとしてダンスフロアに復帰。CYCLONEでは6年間継続してプレイする。ここでは海外DJとの共演も多く、Alex Paterson(ORB) Steve Bug (Poker Flat)
Roman Fluegel(Cocoon) Luomo(Moodmusic) Damian Lazarus(Crosstown Rebels)
Michael Mayer(Komapkt) Reinhard Voigt(Komapkt) Fairmont (Border Community)
Stewert Walker(Persona Records) Mike Shannon(Cynosure)
Si Begg (NovaMute) などオーガナイザーが招聘したDJ達も加わり共に盛り上げてきた。

作品は90年代から2010年代までDJ MIKU名義でPickin'mushroom、Pussyfoot、WC recordings、blank records、Music mine、Hypnotic Room)等からリリース。またレーベルBlank Records、ElectricPunchesの設立、アーチストのプロデュース、楽曲提供などマルチな活動も展開してきた。

2012年からは野外パーティー「GLOBAL ARK」を仲間と共に主宰。現場と直結したリアルタイムな音作りを目指す。

2016年6月自身初のソロアルバム「Basic&Axis」を先行デジタルリリース。そして満を持して2016年9月28日CDアルバムとして「Basic&Axis Plus」をリリースした。